ビニール - ラベル

気の進まないヒーロー LP (ブラック)

$50.00 AUD
| /

Killer Be Killed - Reluctant Hero LP (ブラック)

トラックリスト:

  1. 自己破壊の解体
  2. ドリーム・ゴーン・バッド
  3. 中央より左
  4. 外側の嵐からの内側の静けさ
  5. 不潔な放浪者
  6. 密集した傷から
  7. 大粛清
  8. 何もないところからの快適さ
  9. 敵意
  10. 死んだ手足
  11. 消極的なヒーロー

Killer Be Killedによって呼び出された、ハードコア・パンクの火花を伴う、ヘヴィで速く、メロディックで、スラッシュで、しばしば瞑想的な大爆音の旋風は、その部分の合計からなる恐るべき必然の結果であり、その組み合わされたディスコグラフィーが文化を歪め、形作った。

ヘヴィミュージック界で最も著名な声を持った3人の男がフロントマンとしての役割を分担した。異なる都市で生まれ育ち、それぞれのプロジェクトによって鍛えられた境界線の推進者と革新者は、それぞれがヘヴィミュージックで最も愛されるドラマーの一人とともに、インスピレーションに満ちた新鮮な儀式に平等に参加している。 Killer Be Killed のデビュー アルバムは、2014 年に登場したとき、「スーパーグループ」の既成概念を打ち破る自然の力でした。約 6 年後に極秘に構想されたバンドのサプライズ続編となる『Reluctant Hero』は、その使命宣言を倍増させながら飛沫を上げています。新しい色とビジョンを備えたソニックキャンバス。

Killer Be Killed は精神的には独創的で、実行においては決断力があり、時には難解なサウンドに聞こえることもありますが、それでもヘヴィネスとグルーヴ感は容赦ありません。セルフタイトルの前作と同様、11 曲入りの『Reluctant Hero』はジョシュ・ウィルバー (ラム・オブ・ゴッド、メガデス、ゴジラ) によって南カリフォルニアでプロデュースおよびミックスされました。これは、地下ショーにふさわしい大虐殺と、フェスティバルにぴったりの巨大なフックを融合させた攻撃的な作品の集合体であり、スマートで反体制的な感性とありのままの本物らしさがしっかりと根付いています。