ビニール - ラベル

At War With The Silverfish EP 10" (クリア)

$30.00
| /

ローラ・ジェーン・グレース - At War With The Silverfish EP 10" (クリア)

トラックリスト:

  1. ハートの 3 つ
  2. ロロ13
  3. 長い暗い夜
  4. 静電気掃引
  5. デイオールドコーヒー
  6. 独善的なファックフェイス
  7. 昨日のPt. Ⅱ

Polyvinyl Record Co.とエミー賞にノミネートされたアーティスト、作家、活動家、ミュージシャンのローラ・ジェーン・グレース(Against Me!、The Devouring Mothers) は、グレースの新しい 7 曲入り EP、 At War With The Silverfishのリリースを発表することに興奮しています。半分はイリノイ州シカゴのグレースの TinyQuietStudio で録音され、もう半分はミズーリ州セントルイスのエレクトリック・イールで録音され、デヴァリング・マザーズのバンド仲間であるマーク・ハドソンによってミックスされた『At War With The Silverfish』は、批評家から絶賛された彼女のソロ・アルバム『Stay Alive 』の続編であり、グレースは、私たちに共通する人間性についての正直で全体的な説明に相当する、さまざまな要素をそぎ落とした、心を揺さぶるモードで描かれています。

さらに、グレースはこの秋と冬に『At War With The Silverfish』のサポートでソロパフォーマンスを行い、中西部と東海岸に出演し、12月には木曜日のサポートを行う予定です。すべてのショーのチケットは現在販売中です。日程の完全なリストは以下でご覧いただけます。

これらは深夜の狂気と孤独の歌であり、虫のように餌を求めてさまよってきた孤児の歌です」とローラ・ジェーン・グレースは新作EP『 At War With The Silverfish』について語る。開いた傷やもつれた感情にスポットライトを当てることを恐れないグレースは、 『Against Me!』での彼女の作品を特徴付ける独特の勇気を伝えています。そして、 The Devouring Mothersですが、アコースティックギターを使ったホームレコーディングのような親密なエネルギーがあります。このアルバムはクラリオンコールではなく、優しい招待状だ。それは女性の芸術的な鼓動の必要なカプセルです。愛、憧れ、そして孤独が、印象的なフレーズで語られます。

ハートが 3 つ / そのうち 2 つは壊れている / そのうち 1 つは金だ / それらはすべて無価値だ」と彼女はオープナー「Three of Hearts」で歌い、後に自分が「...今までで一番確実なカモだ」と認めている見る。"この傷つきやすい姿勢が、グレースが一度も得られなかった愛を切望する「ロロ 13」や「イエスタデイ ポイント」など、アルバムの大部分を動かしている。 II」では、彼女は恋人との別れを本能的な激しさで思い出しています。 「私が気が狂っているように聞こえることはわかっています」と彼女は後者について3回繰り返し、不安と決意を同時に与えた。これは彼女がレコードを通じて使用している手段であり、自己疑念と自己受容への道における精神的な体操を巧みに示しています。

感情のほとばしりの中に、孤立した家庭生活の鋭いシーンがあり、無限に温め直したジャワの一杯(「デイ・オールド・コーヒー」)、旧友との再会の安堵感(「エレクトロ・スタティック・スイープ」)などがある。そして、彼女の旧友であるシカゴがあり、今では彼女の故郷ではあるが、問題がないわけではない。 「忘却の彼方へ/スコーキーでもいいのに、あなたはバーウィンにとって本当に幸運だったわ」と彼女は「ロング・ダーク・ナイト」で歌い、 「流行」ではなくノースサイドの新しい家の風景を眺めている。街の一部ではありますが、その文化的多様性にとって不可欠な場所でもあります。

アルバムの内面性を振り返り、グレースはそのテーマの多くが普遍的な性質を持っていること、つまり彼女の非常に個人的な説明がどのようにしてより広範な人間関係に花開いていくのかを認めています。 「善意を持って自分の経験を共有すれば、宇宙は常にあなたを驚かせて豊かな恩恵をもたらしてくれるということを学びました」と彼女は言います。 「どの曲も信仰の行為です。それを歌わなければならないということ以外に、なぜそれを歌っているのか必ずしもわかっていないのです。」