ビニール - ラベル

Sticky (ウルトラクリアビニール)

$31.00
| /

Frank Carter & The Rattlesnakes - Sticky (ウルトラ クリア ビニール)

見開きスリーブ、ステッカーシート付属

トラックリスト:

1. スティッキー
2. キューピッドの矢
3. バンバン (featuring Lynks)
4. 瀬戸際まで行こう
5. マイ・タウン (フィーチャリング・ジョー・タルボット)
6. ゴー・ゲット・ア・タトゥー (フィーチャリング・リンクス)
7. オフ・ウィズ・ヒズ・ヘッド (フィーチャリング・キャシエット)
8. コブラクイーン
9. ラットレース
10. オリジナル・シン (フィーチャリング・ボビー・ガレスピー)

フランク・カーター&ザ・ラトルスネイクスがロンドンのアレクサンドラ・パレスでヘッドライナーを務めて人生初のギグを演奏した直後、世界中が一時停止ボタンを押した。最初、彼らは、2019年の『エンド・オブ・サファリング』で4位のアルバムを発表し、国内最高のライブ・アクトの1つであるというその激しさを詰め込むためにスタジオに入った。しかし、昨年の先行きが不透明な中、可能な限り一緒に曲を書く時間を捻出していたフランク・カーターとディーン・リチャードソンは、自分たちのフラストレーションと街のざらつきをすべて10の骨抜きのトラックに注ぎ込むという、はるかに厄介なものに行き着いた。ただし、一つだけはっきりさせておきたいのは、「これはロックダウンの記録ではない。自由の記録だ」とカーター氏は言う。

彼らの4枚目のアルバム『スティッキー』は、明らかにラトルスネイクスの次の段階を示すもので、初めてリチャードソンがプロデュースした。これにより、この二人はパンク・ロック界で最もエキサイティングなパートナーシップの一つとして確固たるものとなり、カーターはハードコア・パンク・バンド、ギャローズの初期の頃から、その後はピュア・ラヴとして、不正義や家父長制に反対し、英国音楽の重要な声として結集してきました。翼の政治と有害な男らしさ。

2015年から3枚のアルバムを発表してきた過程で、このデュオは、セックス、激怒、そして引き裂くような激烈なハードコアやパワーポップと同じくらい、陰鬱な砂漠のロックに負う激しいアンセミアの評判を築いてきました。リチャードソンと彼のデザイン スタジオのヤック、そして有名なタトゥー アーティストのカーターは、アーティストだけでなくミュージシャンも含めたまさに現代のロック バンドの定義です。しかし、Sticky では、彼らのサウンドは新たな直接性と即時性でスピーカーから実際に飛び出してきます。